ゴボウも便秘を調節したい時には良いですね

ゴボウも便秘を調節したい時に効きましたので、ここで紹介しておきましょう。便秘を治したいけど何か良い方法が無いかと調べている人は、ゴボウもお試しあれ。

少し前に流行したゴボウ茶。私はこれをまだ続けています。やっぱり効いているせいなのか、飲めない日が続くと便秘が始まります。
私の便秘はひどいもので、1日出ないとすぐにコロコロになってしまい、お尻からなかなか出てこないんです。

直腸にいるのは、よく分かるんですけど、あと一歩のところで出てこない、もどかしい気持ちになります。でも、無理に出そうとすると出血したりして痛くなるので、できるだけ時間をかけてゆっくり出しますが、これってあまり良いことではないんです。だから、ゴボウ茶を基本として生活しています。

他に良いのが、生のゴボウを、ゴボウの皮ごとお味噌汁にしてしまうこと。灰汁が出るのも分るけど、構いません。お味噌汁にしちゃうと案外すんなりといけるので、多少のことは大丈夫です。

以前、ゴボウの柳川風鍋を作った時に、ゴボウを3本使ったのですが、なぜか逆に便秘になりました。食物繊維は、食べ過ぎると便を固くするというのはこの時に知りました。

便秘が始まると、何日か足掻いて頑張るのですが、どうしても出なくて憂鬱な気分になる時は最終手段としてグリセリン浣腸をします。蛇腹の医療用の浣腸です。本当はやりたくないのですが、便秘で亡くなった方もいるという記事を読んでからは最終的には浣腸をやることにしています。浣腸をするとお腹が痛くなって、「神様ごめん。許して。」という気持ちになるのですが仕方ないです。

運動もしなくてはいけませんが、なかなか時間が取れないので、寝る前に少しだけ便秘解消のヨガのポーズをしてから眠るようにしています。このポーズをすると、便よりもおならが出るので、本当のところ便秘に効いているのか効いていないのかはよくわかりません。

便秘を治したい時に、ゴボウを利用することの多い私です。他にも良い方法があればと今も情報収集に余念がありません。